菊芋サプリ

腸内環境を整えたり、ダイエットをしたりする上で注目されるのは、食物繊維です。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、この2つの食物繊維の取り方を考えると腸内環境が整っていきやすくなります。
水溶性食物繊維は、こんにゃくに含まれているグルコマンナン、熟しているくだもの、かぼちゃなどに含まれているペクチン、メカブや昆布などの海藻類に含まれているアルギン酸とフコイダンがあります。水溶性食物繊維の特徴としては、ヌルヌルとした粘性があるので、糖分が吸収されるスピードを抑えることができ、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

不溶性食物繊維には、カニやエビの殻に含まれているキトサン、いちごやココアに含まれるリグニン、ペクチン、リンゴやゴボウ、大豆に含まれるセルロースなどがあります。ペクチンは、水溶性食物繊維でもありますが、熟している果物には水溶性が、熟していない果物は不溶性が含まれています。不溶性食物繊維は便のかさを増やす役目があり、有害な物を外へ排出する働きがあります。

 

腸内環境を考えた場合、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は、1対2が理想です。どちらかが多いと逆に便秘になりやすくなり、便がスムーズに排出されなくなります。野菜を多く食べ、食物繊維にも注目しているのに便秘になっている場合は、どちらかの食物繊維に偏っている可能性があるので、様々な食材を取り入れるように工夫してみましょう。

 

菊芋は食物繊維が豊富

腸内の環境を整えるには、食物繊維!というのは常識ですが、、食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類が存在します。

 

この食物繊維はバランスが大切で、不溶性食物繊維を多く摂りすぎ、水溶性食物繊維を摂らない場合、逆に便が排出されにくくなることがあります。

 

菊芋サプリ

 

水溶性食物繊維は、水に溶けやすく糖分の吸収を抑える働きがあり、血糖値の上昇を穏やかにする作用があります。
お腹が空きにくくなるので、腸内環境を整える他に、ダイエット効果も期待することができます。また、糖質だけでなく、塩分なども包み込むことができます。
水溶性食物繊維には、こんにゃくに含まれるグルコマンナン、熟した果物に含まれるペクチンなどがあり、他には、海藻類や、里芋、菊芋に多く含まれています。

 

特に菊芋には、イヌリンをメインとした水溶性食物繊維が豊富で、この他に亜鉛やポリフェノールなど様々なミネラル分が含まれています。
菊芋に含まれているポリフェノールには、活性酵素をできにくくする抗酸化作用があり、亜鉛には、肌の新陳代謝を促す作用もあるので、美容にも効果が現れやすくなります。

 

菊芋に含まれるイヌリンは、腸の中に入ると善玉菌の餌となり、善玉菌を増加することができます。
また、イヌリンは悪玉菌の餌にはならないため、腸内の環境は少しずつ整っていくのです。
腸内の環境を整える水溶性食物繊維だけでなく、亜鉛やポリフェノールなどの栄養も豊富なため、菊芋は健康に良いとされています。

 

血糖値が上下する仕組み

血糖値が上下するのはインスリンの分泌と関係しています。

 

人間はエネルギーを一から作ることができないので、食事をして食べ物の栄養素を摂取しています。
栄養素のうち糖質はブドウ糖に分解されて小腸で吸収されます。
その後肝臓に送られて血液中に取り込まれます。
ブドウ糖は筋肉や脳のエネルギー源として重要ですが、血糖値を上昇させる働きがあります。

 

すると膵臓からインスリンが分泌されて筋肉細胞や脂肪細胞に糖質を取り込ませて、血糖値を下げます。
インスリンは細胞の受容体と結合することで、ブドウ糖を吸収できるように調整しています。

 

しかし不摂生ばかり繰り返して脂肪細胞などが増え、インスリンの阻害物質が生成されるとブドウ糖を取り込めなくなるため血糖値は高い状態を保ち、糖尿病になってしまいます。
膵臓が分泌できるインスリンの量も限られているため、分泌量が減ることでも糖尿病は引き起こされます。

 

血糖値を安定させて糖尿病を予防するものに、食物繊維があります。
人間は食物繊維を消化することができません。
食べ物に含まれる食物繊維はゆっくりと小腸を移動します。
すると一緒に摂取している糖質も動きが遅くなって吸収効率が悪くなるので、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

インスリンがたくさん分泌される必要がなくなることで、余分にブドウ糖を溜め込むこともなくダイエットにも効果的です。
食物繊維には種類がありますが、特に消化吸収を遅らせるのは粘り気のあるイヌリンなどの水溶性食物繊維です。