イヌリンは菊芋などに含まれる水溶性食物繊維で、食事の際に余分な糖質や脂を絡め取り、血糖値を下げる働きがあります。

 

このため、植物性インスリン様物質などとも呼ばれ、糖尿病の予防や治療に効果が期待されています。

 

菊芋のイヌリンを抽出したイヌリンサプリですが、過剰摂取による副作用の心配などはないでしょうか?

 

副作用リスクを考えるために、まずはイヌリンについて詳しく見ていきましょう。

 

イヌリンは、水溶性食物繊維の一種ですが、水溶性食物繊維には一度に過剰摂取すると、お腹がゆるくなる、下痢、膨満感、ガスが貯まる、消化不良による腹痛などの副作用が報告されています。

 

このため、サプリメントでの過剰摂取は要注意です。

 

どのくらいの摂取が過剰摂取になるかは個人個人の体質や年齢にもよります。
厚生労働省によると、食物繊維の摂取目安量は1日当たり20〜25g程度。
つまり20,000mg程度です。

 

これくらいなら過剰摂取になることはまず無いでしょう。

 

人気のイヌリンサプリ『前田の菊芋』は、1日分のイヌリンが1.3g〜1.7gなので、食事と合わせて適量の食物繊維を補給できます。
1日分の摂取量を守っている分には、イヌリンによる副作用のリスクは極めて低いと言えるでしょう。