イヌリンを摂ろう!水溶性食物繊維で腸内掃除

菊芋サプリ

 

糖の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える働きのあるイヌリンは、多糖類の一種で糖尿病予防などに効果的です。

 

多糖類とは糖質の最小単位である単糖が多数結合したもので、簡単に言えば甘味となりますが、実は人間にはイヌリンを分解する酵素を持ち合わせていないため、これを含む食品を摂取してもほとんど吸収されずに排出されます。

 

そのため、甘味を感じることはあっても血糖値が上昇したり、肥満の原因となることはないとされます。
健康的な糖類として有名で、腸内で発酵分解されるとフラクトオリゴ糖になることでも知られ、水溶性の食物繊維に分類されています。

 

イヌリンは腸内で善玉菌の原料ともなり、善玉菌が増えることで腸内の環境を整え、老廃物の排出などを促すことができるため、健康や美容にも有効な糖質として知られています。

 

これを積極的に摂取するには、イヌリンが多く含まれた食品を食べるのが一般的ですが、代表的なものは根菜類が基本となっています。

 

最も多く含まれるのはショウガのような見た目となる菊芋で、100gあたり12.5〜20gは含まれているようです。
生で食べることもできる菊芋ですが、加熱することでより美味しく食べることができます。

 

加熱すると芋らしくないトロトロとした状態になるので、煮物や炒め物でも一風変わった食材として利用することが可能です。
また、薄切りにしてサラダに添えることでほのかな甘味を楽しむこともできます。
その他にイヌリンが含まれる食品はごぼうやチコリ、ニラ、玉葱、ニンニク、小麦となっていて、バランス良く摂取することで最適な量を吸収できます。

 

水溶性食物繊維で腸内環境を整える

水溶性食物繊維を効率的に摂取したい人は、菊芋の料理を食卓に加えることがオススメです。

 

この食材の見た目はショウガにも似ていますが、優しい味わいが特徴的なために、副菜としても使いやすいものです。
ご飯の糖質や主菜の脂肪分が気になる場合には、菊芋の料理を一品だけでも添えるだけで、栄養バランスの不均衡を解消することができるのはうれしいことです。

 

菊芋に含まれる水溶性食物繊維はイヌリンと呼ばれるもので、体内では糖質の吸収を漸進的な状態にさせながら、同時に腸内環境も整える働きをしてくれます。
このような利点があるために、食事が早すぎる人が利用したり、糖尿病が心配な人が使ったりする場合でも役に立つことになります。

 

菊芋の水溶性食物繊維が腸内環境にとって好ましいのは、腸内の善玉菌の働きにとっても有益になるためです。

 

水溶性食物繊維が善玉菌の餌になることで、腸内環境は悪玉菌の影響が軽減した形に変わり、免疫機能も含めて活発に働くようになるわけです。
こうしたことから、菊芋はヨーグルトやキムチなどの乳酸発酵食品と一緒にして食べることも理にかなっています。
醸された状態にしながら、同時にイヌリンもしっかりと働くように配慮して漬物を作る場合でも、水溶性食物繊維は十分に働くようになります。

 

普段の食事では、菊芋を味噌汁に加えて食べることも賢い方法になります。あるいは、肉料理の添え物にするために、菊芋のサラダを作る場合でもイヌリンが大活躍します。"