菊芋サプリ

イヌリンという成分はあまり聞きなれないかもしれませんが血糖値の上昇を抑え、中性脂肪を減少させるなど生活習慣病や糖尿病予防に効果的な成分として海外でも研究されている成分です。

 

そのイヌリンが多く含まれているのが「菊芋」という野菜で、同じ芋でもジャガイモなどとは違いデンプンの代わりにイヌリンという食物繊維や、腸内環境にも役立つ高分子多糖類(フラクトオリゴ糖という吸収されない糖)を豊富に含み健康維持に大変効果的な野菜です。

 

また、腸内環境を整える作用により便秘を解消させてくれますので新陳代謝を促進させ、血糖値の上昇を抑え中性脂肪を減少させることにより脂肪が付きにくく太りにくい体質にも変えてくれダイエットや肥満予防にも最適な野菜です。
ですから毎日の食事の際に1品菊芋を使ったメニューを取り入れるだけで知らず知らずのうちに痩せやすい体に変えてくれますし、炭水化物の吸収を抑えてくれるます。

 

そんな菊芋の食べ方としては、皮をむいてそのままスライスしサラダや漬物、酢漬けにしても美味しいですし、千切りにしてキンピラにしたり、ジャガイモのように煮っ転がしにしてご飯のおかずにするのも良いでしょう。
他にも火を通すとホクホクの食感になるので潰してポテサラにしたり、グラタンやポタージュにすると糖質制限中の方でも気にせず食べられおすすめです。

 

また生の菊芋が手に入らない方には最近はお茶タイプの物やパウダータイプの物も販売されていますのでそういった物を利用すると難なく続けられます。

 

水溶性食物繊維が決め手

菊芋には水溶性食物繊維のイヌリンと呼ばれる成分が配合されており、血糖値の上昇を抑えることに役立ちます。血糖値が高い状態が続くと糖尿病の原因になりますので、イヌリンが含有されている菊芋の健康食品を摂取することは糖尿病の予防効果が期待できます。

 

有効成分としてイヌリンが含まれている菊芋は糖尿病の予防だけでなく、ダイエット効果も期待できます。

 

菊芋を摂取するダイエットは低インスリンダイエットと呼ばれており、インスリンの分泌量を調整することによってダイエットに導きます。
インスリンは血液中の糖を活動するためのエネルギー源に変える働きがあり、インスリンの分泌が促進されると糖を消費しやすくなります。よって、糖が脂肪細胞になるのを防ぐことができ、体脂肪が付きにくくなります。

 

菊芋のイヌリンの働きを応用した低インスリンダイエットのメリットは、食べても太りにくい体質になることです

 

食物に含まれている糖分がエネルギーとして消費されるため、たくさん食べても贅肉が付きにくくなり、楽にダイエットをすることが可能です。
食べても太りにくくなるとリバウンドを防止することができ、ダイエットに成功後の体型を維持することができます。

 

菊芋に含まれるイヌリンは腸の中の善玉菌の餌になり、善玉菌が増えることによって腸内環境の改善が図れます。
腸内環境が改善されると便秘が改善して腸内に溜まっている宿便も排泄され、体重を落とすことに繋がります。