菊芋サプリ

菊芋は芋ではなく、キク科の植物の根っこです。

 

菊芋は畑のインスリンと呼ばれており、血糖値の上昇を抑制する作用があります。
血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の予防に役立つため、健康食品としても販売されています。

 

菊芋が血糖値の上昇を抑制できるのは、天然の多糖類の一種であるイヌリンと呼ばれる成分が含有されているためです。
イヌリンは血糖値やヘモグロビンa1cの上昇を抑える働きがあり、菊芋の健康食品を摂取するとイヌリンの働きで糖尿病の予防に繋がります。

 

菊芋に含有されているイヌリンが血糖値の上昇を抑制する理由は、イヌリンは腸内細菌の善玉菌のエサになり、善玉菌が活性化するためです。
腸内の善玉菌が活性化されると腸内環境が良くなり、血糖値の上昇を防いで糖尿病の予防に貢献します。

 

イヌリンは人間の体内で吸収されることはないので、菊芋の健康食品はダイエットにも役立ちます。

 

腸内環境が整うと便秘の解消に繋がり、便秘が原因の下半身太りも改善されます。
便秘が解消されると新陳代謝が活性化されるようになるので、食べても太りにくい体質になります。

 

ダイエットに成功しても体質改善が図れないとリバウンドしてしまいますが、食べても太りにくい体質になると、ダイエットに成功後のリバウンドを防ぐことができます。
菊芋の健康食品は副作用はありませんが、一度に大量に摂取すると腸内にガスが溜まりますので、過剰摂取をしないように注意をすることが必要です。

 

イヌリンが血糖値の上昇を抑える

ケーキやお団子、炭酸飲料等、世の中には甘くて美味しい食べ物や飲み物がたくさんあるので、つい勉強や仕事、家事のあいまに食べたり飲んだりしてしまうという人は少なくありません。

 

20代までは新陳代謝が良いので、多少甘いものを摂りすぎても、それほど体に影響はありませんが、30代になると少しずつ、血液の循環が悪くなり、血管も狭くなるので、余分な糖分が排出されずにたまりやすくなります。

 

体重が増え過ぎたり、血糖値が上がって糖尿病になることもあるので、健康に生活したい人はこれまでの生活習慣を見直し、糖分を摂りすぎないようにしてください。
食事によって血糖値が上がると、すい臓でインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、栄養にするので、効率的に血糖値を下げることが出来ます。
しかしインスリンの分泌量が少なかったり、作る速度が遅いと、血糖値が下がらなくなるので糖尿病となります。

 

水溶性食物繊維のイヌリンは、水に溶けるとゲル化し、糖質の吸収速度を緩やかにする作用があるので、食後の急激な血糖値の上昇を防げるといわれています。
血糖の上昇が緩やかだと、インスリンの分泌が少なくても対処できるので、イヌリンを摂取すると、糖尿病を予防する効果を期待できます。

 

糖分を過剰摂取すると、インスリンの産生に負担をかけ、不足しやすくなるため、糖尿病にかかりやすくなります。
血糖値を上げたくない人は、イヌリンを摂取して、糖の吸収速度を抑えるようにしてください。