イヌリンと呼ばれる成分は多糖類の一種で、ニラや菊芋などに含まれています。

 

多糖類は糖類分子の統合体のことなのでイヌリンは甘味料に用いられることもありますが、善玉菌の増殖サポート・老廃物排出効果・糖質吸収を妨げる働きが発見されているため、人間の健康に役立つ成分として知られています。

 

イヌリンは多糖類のため糖質の一種ではありますが、人間の体内では吸収できない性質を持っています。吸収できないものは体外に排出されますが、その際にイヌリンは分解されて水溶性食物繊維になります。

 

水溶性食物繊維になったイヌリンはゲル状になって老廃物の排出を手伝ったり、糖質の吸収を妨げる働きをします。

 

腸内にてイヌリンの発酵分解が起きた場合はフラクトオリゴ糖になりますが、この変化を遂げた時も老廃物排出をサポートする存在となります。

 

体内で吸収されないので栄養にはならないものですが、老廃物を排出したり糖質が吸収されるのを抑える働きは健康や美容のためになります。

 

特に血糖値が気になる方には有効な成分なので、菊芋やニラといったイヌリンを含む食材を食生活の中に取り入れてみると良いと思います。

 

食生活に意識的に取り入れることが難しい方・面倒だと感じる方・ニラなどが苦手な方は、サプリメントを活用すると無理なく摂取できます。

 

数多く行われている研究の結果でも良い効果が認められているので、血糖値の改善を図りたい方や健康美容のことを考えている方におすすめな成分です。

 

 

イヌリンを多く含む食材

ゴボウや菊芋などの植物に含まれるイヌリンは、体内では血糖値の吸収を緩やかにして、糖尿病に対するリスクを軽減させる働きがあります。
予防のためにも役立つ性質があるため、日常的にゴボウや菊芋の料理を利用するのはオススメです。
うどんの糧としてゴボウの煮物を添えることは、血糖値の急上昇を抑えるためにも理にかなっています。

 

糖質が過剰な食生活を続けている場合には、体内ではインスリンへの依存度が高くなることがありますが、イヌリンを摂取することでそれを抑えることができます。
イヌリンは水溶性食物繊維として腸内で働くことで、食べ物から吸収した糖質が小腸へ運ばれる速度を遅くする性質があるのです。

 

インスリンを分泌する膵臓に過剰な負担をかけることがなくなり、同時に血糖値の状態を安定させるためにも役立つため、様々な食材からイヌリンを意識的に摂取したいところです。

 

野菜類の中では、辛味成分が特徴的なニラにも含まれることが重要です。
ニラの料理を副菜として添えることで、糖尿病の予防にも役立つことになります。
お粥にはニラを入れて食べることで、水分が多いだけにカロリーは低くなりますが、イヌリンのおかげで糖尿病の対策としても有効になりますから、試してみる価値は十分にあります。