菊芋サプリ

菊芋は、ごぼうと同じキク科の野菜です。

 

通常の芋とは異なり、でんぷんはほとんど含まれていません。
菊芋にはイヌリンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

 

イヌリンは天然のインスリンと呼ばれるほど、血糖値の上昇を穏やかにする働きを持っています。
イヌリンは人の体内酵素では消化や吸収がされない糖質です。

 

そして、余分な糖質やコレステロールなどの吸収をブロックする作用を持っています。
それが、血液に吸収される糖の量を減少させることにつながります。

 

そのため、イヌリンを含む菊芋は、糖尿病の予防や改善に効果的な食材として注目を集めるようになりました。

 

それから、菊芋には腸内環境を整える働きもあります。
菊芋に含まれるイヌリンが腸に運ばれると、フラクトオリゴ糖という成分に分解されて、善玉菌のエサになります。

 

フラクトオリゴ糖は善玉菌の成長を促進して数を増やす一方で、悪玉菌のエサになることはありません。
結果的に腸内にある善玉菌が優勢となり、腸内環境が整います。
また、水溶性食物繊維には、便を排出しやすくする働きもあります。

 

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
不溶性食物繊維は便のかさを増やし、腸を刺激するので便秘解消に役立つのですが、水分が足りないと便が硬くなってしまい便秘が悪化してしまうことがあります。
一方、水溶性食物繊維には、便をやわらかくする働きがあり、そのため便が排出しやすくなります。

 

食物繊維は、便秘解消や健康的なダイエットに役立ち、糖尿病や心筋梗塞などの病気を予防する働きもあると言われる貴重な成分です。

 

理想的な摂取比率

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがありますが、健康のためにはこれらをバランス良く摂取することが大切で、
理想的な比率は水溶性1:不溶性2と言われています。

 

水溶性食物繊維はバナナなどの果物やワカメなどの海藻類に多く含まれており、水に溶けやすく、溶けると粘着性を持つようになります。
これにはコレステロールを排出したり、血糖値の急上昇を防いだり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善するという効果があると言われています。

 

これに対して不溶性食物繊維は玄米などの穀類、大豆などの豆類に含まれています。
不溶性食物繊維は、水分を吸収して腸管を刺激し、腸のぜん動運動を促して便秘を解消したり、毒素を排出することで腸内環境を整えるとされています。

 

ただ、ここで注意したいのは、不溶性食物繊維の場合は摂りすぎると便が硬くなり、便秘がかえってひどくなる可能性があるということです。

 

便秘が気になる人は、水溶性食物繊維を多く摂取することをお勧めします。
なお、推奨される食物繊維の1日の摂取量は18才以上の男性で19g、女性で17gと言われていますが、実際にはこれだけの量はなかなか摂れず、日本人は食物繊維が不足していると言われています。
そのため、毎日の生活で水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く摂るように心掛けることが大切です。