菊芋サプリの人気と効能

糖尿病の強い味方。『菊芋サプリ』が最近注目を集めています。
その菊芋サプリのなかでも、口コミで最も人気がある『前田の菊芋』
その効果とお得な買い方、飲み方をご紹介します。

 

 

菊芋とは?

菊芋サプリ
キクイモはキク科の植物です。
和名では「菊芋」の漢字が使われています。
秋に直径10cm程度のヒマワリに似た黄色い花を
咲かせたあと、地中に塊茎(イモ)を形成します。
イモと名がついていますが、主成分はイヌリンの水溶性食物繊維で、
デンプンを主体とするイモ類とは異なります。

 

菊芋サプリ
このイヌリンは、体内で血糖値を下げるインスリンと同じ働きをすることがわかっています。
また、菊芋はイヌリン以外でも、日常生活に欠かせないミネラルやビタミン・アミノ酸を、バランス良く豊富に含んでいます。
表示カロリーの1/6程しか吸収されない低カロリー食品でもあります。

 

>>イヌリンの効能について詳しく

 

なぜ菊芋のサプリが注目されているのか

厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は約950万人。
そのうち治療を受けているのは約65%にとどまっています。
つまり、糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても治療をしないで放置している人が多いと言うことです。

 

糖尿病は予防が大事。
兆候が見えている場合は、毎日の心がけがとても重要です。

 

糖尿病とは、血糖値を抑える働きをするインスリンが正常に機能しなくなる病気です。
そのため、糖尿病の方は食事後に血糖値を抑えるために、インスリン注射を行います。
多い人は1日に4本の注射を行うのですが、注射は痛みを伴うので患者様はつらい思いをしている人が多いのが現実です。

 

菊芋の効能はインスリンと同じ

菊芋サプリの成分の「イヌリン」は「インスリン」と同じ効果をもっています。
このイヌリンをサプリメントで摂取することによって、インスリン注射と同等の効果が得られ、
糖尿病の治療だけでなく、予防にも大きな効果が期待されているのです。

そのため菊芋サプリがこのインスリン注射のかわりになるということです。
現在、糖尿病で闘病中の方だけでなく、
健康診断などで、血糖値について注意を受けた方、ちょっと気になっている方の予防としても非常に効果が期待できます。

 

 

イヌリンは血糖値を下げる働きがありますが、血糖値が下がる理由は腸内環境が改善されることによるものです。

 

イヌリンは水溶性食物繊維であり、腸の中の善玉菌の餌になります。
イヌリンを餌にした善玉菌は活動が活性化され、腸内環境の改善に繋がります。

 

腸内環境が改善されるとインスリンの分泌が促進され、血糖値の上昇を抑えられます。
血糖値が高い人は糖尿病になるリスクが高まりますが、インスリンの働きで血糖値の上昇を抑えられると糖尿病の予防と改善に繋がります。
インスリンは肥満の原因になる血中の糖分を燃焼させる働きがあるため、体脂肪が付きにくくなります。

 

食べ物をたくさん食べても糖分が燃焼されるため、食べても太りにくい体質に変わっていきます。
このメカニズムを応用したダイエットのことを低インスリンダイエットといいます。

 

イヌリンを大量に含有している菊芋はそのままでは食べにくいですが、サプリメントやお茶が販売されていますので、手軽にイヌリンの成分を補給することができます。
食べ物を食べた直後は血糖値が上昇するため、食後に菊芋のサプリメントを摂取したり菊芋のお茶を飲むことが効果的です。

 

菊芋のサプリメントやお茶を利用した低インスリンダイエットは即効性はありませんが、続けて行うことによって、徐々にダイエットの効果を実感できるようになってきます。
太りにくくなるだけでなく、糖尿病などの生活習慣病の予防改善にも役立ちます!

 

 

・血糖値が気になる
・血液がドロドロと言われた。
・冷え性が気になる。
・高血圧気味。
・便秘がち。
・メタボ気味。
・老後に向けて体質改善したい。

 

こんな人は菊芋をサプリを試してみる価値があります!

 

オススメのサプリ 前田の菊芋

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>前田の菊芋公式サイト<<

 

 

前田の菊芋サプリはなぜ高いのにオススメなのか

現在もっともオススメの菊芋サプリはオアシスの『前田の菊芋』です。
菊芋サプリ
>>前田の菊芋公式サイト<<

 

しかし、商品価格が1ヶ月分で1万円ほどと、他の菊芋サプリに比べて高額です。
なぜこんなに高いのでしょうか?

 

イヌリン配合量が多い

前田の菊芋のイヌリン含有量は全体の68%も占めています。
市販の菊芋サプリの多くは、10%程度なので、かなりの多さと言うことができます。

 

市販品では有名な『金の菊芋』は、イヌリンを含む食物繊維が1袋で32000mgと謳っています。
しかし、その食物繊維のうちどのくらいがイヌリンなのか分かりません。

 

前田の菊芋は、イヌリンだけで23850mgも配合しています。
この辺の差が価格差にもなっています。

 

前田の菊芋は本場ドイツ産菊芋を使用

前田の菊芋サプリはドイツ産の菊芋を輸入して使っています。
有機栽培で化学肥料を使用しない自然農法により、管理栽培された菊芋を使用しているので、安心面も信頼できます。
また、菊芋は元々北方のものなので、日本産のものに比べて栄養価が高く、イヌリン含有量も多いと言われています。

 

菊芋は、その土地の栄養分を全て吸収してしまうほどの生命力を持った植物です。
前田の菊芋サプリは農薬や化学肥料、有機肥料など使用せず自然栽培した菊芋を使用しています。
クローバーなど約15種類の雑草の種を1年に数回植えて土を肥やして地力を自然に回復させ、3年サイクルで菊芋を栽培しているのです。

 

前田の菊芋サプリは、大阪大学と共同でに研究開発をしており
血糖値150以上の人に3ヶ月間飲み続けてもらった結果、全員の血糖値を下げることに成功しています。

 

これだけの配合量、栽培法のこだわり、研究開発などを含めた価格と考えると、納得行くものだと思います。

 

前田の菊芋 おすすめの買い方

市販の菊芋サプリなどに比べると、多少値段は高いですが、
これらのこだわりを知って頂ければ、その値段も納得できるものと思います。

 

ただ、これに限らずサプリメントは即効性のあるものではなく、
時間をかけて体質を改善していくものですから、ある程度の継続が必要になります。
最低でも3ヶ月くらいは継続して頂きたいと思います

 

そうなると、定期コースがお得になるのですが、
現在、キャンペーンで初回購入は20%OFFになるようです。
一箱1カ月分で、どのみち3ヶ月は試すなら、よりお得な定期コースが良いですね。

 

菊芋サプリは、これらの症状に当てはまる方にはすべてオススメです。
いつまでも健康でいるために、是非とも今日から初めて見ましょう♪

 

前田の菊芋の詳細・購入は公式サイトからどうぞ

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>前田の菊芋公式サイト<<

 

私も実際に使いました。

私の家系は、元来糖尿病家系でした。
祖父は糖尿病で他界し、父親も糖尿が死因です。
私も若い頃から注意を受けていましたが、一日の食事量を制限し、運動も毎日散歩をしていましたが、
50歳を過ぎてから、1型糖尿病と診断されました。

 

好きなものも食べられず、運動してもすぐ疲れてしまい、体調も悪くなって人生を悲観していましたが、
たまたま医師から、紹介された「前田の菊芋」を藁にもすがる思いで購入しました。

 

毎食前に水に溶かして飲むだけです。
前田の菊芋は、粉末状で水にも溶けやすく、飲みやすいので続けやすいです(味はご愛嬌ですが)
半信半疑でしたが飲み始めて2週間ぐらい経ってから毎日計測してる血糖値に変化が見られました。

 

食後には400mg/dlを超えていたのが、300台となり、顕著な効果があると思いました。
そこから3ヶ月続けていたところ、血糖値もかなり安定し、インスリン注射も不要になりました。
それだけでなく、便通が良くなり、かなりの距離を歩いても疲れてなくなりました。
週に一度は外食で好きなモノを食べてもいいと言われています。

 

人生に希望を取り戻せたようで、本当に感謝しています。
もちろん、効果には個人差があるものと思いますが、
前田の菊芋は、私の同じような闘病中の方だけでなく、予防を目指す方にもぜひオススメしたいと思っています。
糖尿病は予防が一番大事です。
それが、このようなサプリメントだけで叶うのなら、素晴らしい時代になったと強く感じます。

 

前田の菊芋の詳細・購入は公式サイトからどうぞ

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>前田の菊芋公式サイト<<

 

菊芋は食物繊維が豊富

腸内の環境を整えるには、食物繊維!というのは常識ですが、、食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類が存在します。

 

この食物繊維はバランスが大切で、不溶性食物繊維を多く摂りすぎ、水溶性食物繊維を摂らない場合、逆に便が排出されにくくなることがあります。

 

菊芋サプリ

 

水溶性食物繊維は、水に溶けやすく糖分の吸収を抑える働きがあり、血糖値の上昇を穏やかにする作用があります。
お腹が空きにくくなるので、腸内環境を整える他に、ダイエット効果も期待することができます。また、糖質だけでなく、塩分なども包み込むことができます。
水溶性食物繊維には、こんにゃくに含まれるグルコマンナン、熟した果物に含まれるペクチンなどがあり、他には、海藻類や、里芋、菊芋に多く含まれています。

 

特に菊芋には、イヌリンをメインとした水溶性食物繊維が豊富で、この他に亜鉛やポリフェノールなど様々なミネラル分が含まれています。
菊芋に含まれているポリフェノールには、活性酵素をできにくくする抗酸化作用があり、亜鉛には、肌の新陳代謝を促す作用もあるので、美容にも効果が現れやすくなります。

 

菊芋に含まれるイヌリンは、腸の中に入ると善玉菌の餌となり、善玉菌を増加することができます。
また、イヌリンは悪玉菌の餌にはならないため、腸内の環境は少しずつ整っていくのです。
腸内の環境を整える水溶性食物繊維だけでなく、亜鉛やポリフェノールなどの栄養も豊富なため、菊芋は健康に良いとされています。

 

血糖値が上下する仕組み

血糖値が上下するのはインスリンの分泌と関係しています。

 

人間はエネルギーを一から作ることができないので、食事をして食べ物の栄養素を摂取しています。
栄養素のうち糖質はブドウ糖に分解されて小腸で吸収されます。
その後肝臓に送られて血液中に取り込まれます。
ブドウ糖は筋肉や脳のエネルギー源として重要ですが、血糖値を上昇させる働きがあります。

 

すると膵臓からインスリンが分泌されて筋肉細胞や脂肪細胞に糖質を取り込ませて、血糖値を下げます。
インスリンは細胞の受容体と結合することで、ブドウ糖を吸収できるように調整しています。

 

しかし不摂生ばかり繰り返して脂肪細胞などが増え、インスリンの阻害物質が生成されるとブドウ糖を取り込めなくなるため血糖値は高い状態を保ち、糖尿病になってしまいます。
膵臓が分泌できるインスリンの量も限られているため、分泌量が減ることでも糖尿病は引き起こされます。

 

血糖値を安定させて糖尿病を予防するものに、食物繊維があります。
人間は食物繊維を消化することができません。
食べ物に含まれる食物繊維はゆっくりと小腸を移動します。
すると一緒に摂取している糖質も動きが遅くなって吸収効率が悪くなるので、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

インスリンがたくさん分泌される必要がなくなることで、余分にブドウ糖を溜め込むこともなくダイエットにも効果的です。
食物繊維には種類がありますが、特に消化吸収を遅らせるのは粘り気のあるイヌリンなどの水溶性食物繊維です。