菊芋サプリの人気と効能

糖尿病の強い味方。『菊芋サプリ』が最近注目を集めています。
その菊芋サプリのなかでも、口コミで最も人気がある『金の菊芋』『前田の菊芋』
その効果とお得な買い方、飲み方をご紹介します。

 

なぜ菊芋のサプリが注目されているのか

厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は約950万人。
そのうち治療を受けているのは約65%にとどまっています。
つまり、糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても治療をしないで放置している人が多いと言うことです。

 

糖尿病は予防が大事。
兆候が見えている場合は、毎日の心がけがとても重要です。

 

糖尿病とは、血糖値を抑える働きをするインスリンが正常に機能しなくなる病気です。
そのため、糖尿病の方は食事後に血糖値を抑えるために、インスリン注射を行います。
多い人は1日に4本の注射を行うのですが、注射は痛みを伴うので患者様はつらい思いをしている人が多いのが現実です。

 

菊芋の効能はインスリンと同じ

菊芋サプリの成分の「イヌリン」は「インスリン」と同じ効果をもっています。
このイヌリンをサプリメントで摂取することによって、インスリン注射と同等の効果が得られ、
糖尿病の治療だけでなく、予防にも大きな効果が期待されているのです。

そのため菊芋サプリがこのインスリン注射のかわりになるということです。
現在、糖尿病で闘病中の方だけでなく、
健康診断などで、血糖値について注意を受けた方、ちょっと気になっている方の予防としても非常に効果が期待できます。

 

・血糖値が気になる
・血液がドロドロと言われた。
・冷え性が気になる。
・高血圧気味。
・便秘がち。
・メタボ気味。
・老後に向けて体質改善したい。

 

こんな人は菊芋をサプリを試してみる価値があります!

 

値段で選ぶなら金の菊芋!

菊芋サプリ

>>金の菊芋公式サイト

 

ドクターベジフルの『金の菊芋』は、今1番売れている菊芋サプリです。
菊芋の主成分であるイヌリンが、糖分コントロールを助けたり、善玉菌優勢の環境を作ってくれ、毎朝すっきり快調な状態にしてくれます。

 

人気の理由は、なんといってもコストパフォーマンス!
通常、サプリに”つなぎ”として使用される小麦粉成分をほとんど使用せず、
最終的な主成分も菊芋が98%という驚異の純度でありながら、定期コースなら月3,200円で購入できます。

 

菊芋サプリ
使用される菊芋は、100%熊本県阿蘇地方で無農薬で育てられた菊芋なので、
イヌリン含有量では、ドイツ産を使用する『前田の菊芋』に劣りますが、
国産にこだわりたい方には支持されています。

 

イヌリンを含む食物繊維を一袋で32000mgも配合しているため、栄養素は十分です。
逆にこれ以下の値段でドラッグストアで買えるようなサプリは、配合量が少なすぎるのでオススメできません。

 

菊芋サプリ
また、金の菊芋は粒の大きさにもこだわっています。
毎日続けるものだからこそ、“飲む負担”を少しでもすくないほうがイイですよね。

 

菊芋だけで作られた自然のサプリだから、
飲むことも、噛んで食べることもできるため、飲みづらさに悩まされる心配もありません。

 

もちろん水で飲み込むのが1番簡単ですが、
そのままボリボリ噛んで食べても大丈夫です。
ただし、あまり美味しくないのでオススメしませんが(笑)

 

サプリメントですから、飲むタイミングはいつでも問題ありません。
ただし、イヌリンで糖分コントロールすることを考えると、食事と一緒に摂ったほうが効果は高くなるでしょう。

 

>>金の菊芋についてのレビューはコチラの記事で

 

金の菊芋の更にお得な買い方

金の菊芋は、ただでさえ菊芋含有量を考えれば低価格になっていますが、
今ならキャンペーン中で、初回限定で980円となります!
これは安い!

 

定期コースですので、2回目以降は3,200円となりますが、これでも安い!

 

しかも、開封後でも安心の30日間全額保証付きとなっています。
もし身体に合わなかった場合にも、全額返金されますので安心ですね。

 

・糖分コントロールをしたい方
・お酒や甘いもの、炭水化物などの食事制限をされている方
・糖質ダイエットをしている方
・お通じの状態が気になる方

 

これらに当てはまる方は、ぜひ一度試してみて下さい!

 

 

イヌリン含有量で選ぶなら”前田の菊芋”

菊芋サプリ

>>前田の菊芋公式サイト<<

 

もっともイヌリン含有量が多いサプリはオアシスの『前田の菊芋』です。

 

その分、商品価格が1ヶ月分で1万円ほどと、他の菊芋サプリに比べて高額です。
理由は、イヌリン含有量と、質の高いドイツ産菊芋を使用しているためです。

 

イヌリン配合量が多い

前田の菊芋のイヌリン含有量は全体の68%も占めています。
市販の菊芋サプリの多くは、10%程度なので、かなりの多さと言うことができます。

 

市販品では有名な『金の菊芋』は、イヌリンを含む食物繊維が1袋で32000mgと謳っています。
しかし、その食物繊維のうちどのくらいがイヌリンなのか分かりません。

 

前田の菊芋は、イヌリンだけで23850mgも配合しています。
この辺の差が価格差にもなっています。

 

前田の菊芋は本場ドイツ産菊芋を使用

前田の菊芋サプリはドイツ産の菊芋を輸入して使っています。
有機栽培で化学肥料を使用しない自然農法により、管理栽培された菊芋を使用しているので、安心面も信頼できます。
また、菊芋は元々北方のものなので、日本産のものに比べて栄養価が高く、イヌリン含有量も多いと言われています。

 

菊芋は、その土地の栄養分を全て吸収してしまうほどの生命力を持った植物です。
前田の菊芋サプリは農薬や化学肥料、有機肥料など使用せず自然栽培した菊芋を使用しています。
クローバーなど約15種類の雑草の種を1年に数回植えて土を肥やして地力を自然に回復させ、3年サイクルで菊芋を栽培しているのです。

 

前田の菊芋サプリは、大阪大学と共同でに研究開発をしており
血糖値150以上の人に3ヶ月間飲み続けてもらった結果、全員の血糖値を下げることに成功しています。

 

これだけの配合量、栽培法のこだわり、研究開発などを含めた価格と考えると、納得行くものだと思います。

 

前田の菊芋 おすすめの買い方

市販の菊芋サプリなどに比べると、多少値段は高いですが、
これらのこだわりを知って頂ければ、その値段も納得できるものと思います。

 

ただ、これに限らずサプリメントは即効性のあるものではなく、
時間をかけて体質を改善していくものですから、ある程度の継続が必要になります。
最低でも3ヶ月くらいは継続して頂きたいと思います

 

そうなると、定期コースがお得になるのですが、
現在、キャンペーンで初回購入は50%OFFになるようです。

 

なんと6000円OFF!!

 

一箱1カ月分で、どのみち3ヶ月は試すなら、よりお得な定期コースが良いですね。

 

菊芋サプリは、これらの症状に当てはまる方にはすべてオススメです。
いつまでも健康でいるために、是非とも今日から初めて見ましょう♪

 

前田の菊芋の詳細・購入は公式サイトからどうぞ

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>前田の菊芋公式サイト<<

 

食事制限にお悩みの方の救世主

TVや新聞で話題の“イヌリン”たっぷり

 

金の菊芋

 

●○●○●○●○●○●○●○

 

「お酒や甘い物の制限がつらい…」

「毎日の運動がキツイ…」

「腹八分目では物足りない…」

「うすい味付けに飽き飽き…」

 

そんな制限だらけの毎日にウンザリしていませんか?

 

あなたのその悩み、リスクを、

スーパー食材「菊芋」がブロックしてくれます!

金の菊芋

売れてます!熊本産「金の菊芋」サプリ980円!

 

 

菊芋とは?

菊芋サプリ
キクイモはキク科の植物です。
和名では「菊芋」の漢字が使われています。
秋に直径10cm程度のヒマワリに似た黄色い花を
咲かせたあと、地中に塊茎(イモ)を形成します。
イモと名がついていますが、主成分はイヌリンの水溶性食物繊維で、
デンプンを主体とするイモ類とは異なります。

 

このイヌリンは、体内で血糖値を下げるインスリンと同じ働きをすることがわかっています。
また、菊芋はイヌリン以外でも、日常生活に欠かせないミネラルやビタミン・アミノ酸を、バランス良く豊富に含んでいます。
表示カロリーの1/6程しか吸収されない低カロリー食品でもあります。

 

菊芋サプリ

イヌリンとは

イヌリンというのは、キクイモやごぼう、にらなどの食物繊維により作られている多糖類の一種です。
イヌリンは腸で水分を吸収することでゲル状になり、摂取した他の糖質の吸収を抑える働きを持っています。

 

イヌリンに含まれる食物繊維が、他の食べ物の糖質に絡みついて、吸収されること無く一緒に排出されてしまうのです。
加えて、イヌリンにはインスリンの過剰分泌を抑える効果があるため(イヌリンがインスリンの役割を肩代わりしてくれるから)、
インスリン抵抗性の予防や膵臓を休ませることにも役立ちます。

 

糖質の吸収を抑え、血糖値を下げる働きはインスリンに近いため、イヌリンはインスリンと同じ働きをする物質と言われているのです。

 

イヌリンと難消化性デキストリンの相違点

ここまで読んで勘の良い方はお気づきかと思いますが、イヌリンには最近ダイエット商材でよく聞く”難消化性デキストリン”と同じような効果があります。
どちらも植物に含まれる多糖類で、糖類でありながら食物繊維を豊富に含み、
人間の身体に吸収されづらいため、体内の糖質を絡め取って排出されるという特性があります。

 

難消化性デキストリンは、
・整腸作用
・食後血糖値の上昇抑制作用
・食後中性脂肪の上昇抑制作用

 

この3つの作用で、消費者庁より「特定保健用食品(トクホ)」の認定を受けている商品に多く使われていますが、
イヌリンにも同じような効果があることがわかっています。

 

加えて、イヌリンは腸内で分解されるとフラクトオリゴ糖となり、善玉菌の強力なエサになります。
これは、難消化性デキストリンにはない効果です。

 

腸内で善玉菌のエサになってくれることから、腸内環境を整える働きもしてくれる為、便秘解消などにも役立ちます。
糖質の吸収を抑えてくれることによって、インスリンの分泌量も抑えることが期待できます。その為、血糖値の上昇を穏やかにしてくれることが期待できるのです。

 

また、食物繊維が豊富なことから女性には嬉しい便秘解消効果もありますし、ダイエット食品などにも使用されていることが増えてきています。
糖尿病予防だけではなく腸内環境を整えてくれる作用も期待できるのです。

 

>>イヌリンの効能について詳しく

 

イヌリンといえば菊芋

イヌリンが含まれる食物といえば、なんといっても”キクイモ”です。
菊芋サプリ
キクイモはキク科の植物です。
和名では「菊芋」の漢字が使われています。
秋に直径10cm程度のヒマワリに似た黄色い花を咲かせたあと、地中に塊茎(イモ)を形成します。
イモと名がついていますが、主成分はイヌリンの水溶性食物繊維で、
デンプンを主体とするイモ類とは異なります。

 

また、菊芋はイヌリン以外でも、日常生活に欠かせないミネラルやビタミン・アミノ酸を、バランス良く豊富に含んでいます。
表示カロリーの1/6程しか吸収されない低カロリー食品でもあります。

 

菊芋は畑のインスリン

菊芋は畑のインスリンと言われ血糖値を気にする方や肥満解消などに有効な野菜と言われています。
元々日本では江戸時代に家畜の飼料用として入ってきた野菜で「豚イモ」と言われていましたが、近年は菊芋に含まれるイヌリンという成分が人間の体内では消化吸収されない多糖類でありつつ、糖の吸収をも抑えるので健康志向の方々に好まれ、様々な研究が進められてる注目の野菜です。

 

また糖の吸収や血糖値の上昇を抑えてくれる働きは糖尿病予防や糖尿病の改善にも有効なので、菊芋からイヌリンを抽出したサプリメントを毎日摂取した方のほとんどがhba1c(ヘモグロビンエーワンシー)が下がり、空腹時の血糖値が下がったという検査結果もあり、まさに畑のインスリンとして作用する事を実感させられます。

 

他にもイヌリン自体が多糖類の食物繊維でできた成分なので摂取する事で腸内環境を整え、同時に菊芋に含まれる糖分は体内に吸収されないフラクトオリゴ糖なので腸内菌のエサとしても働き、結果腸内フローラを正常化させるので新陳代謝アップ、
そして高血圧や動脈硬化の改善、アレルギーの抑制、美肌にも効果的だと言われています。

 

このように菊芋(イヌリン)を摂取する事で血糖値を改善したり糖尿病から中性脂肪の抑制、高血圧や動脈硬化の改善、肥満予防、美容など様々な効果を発揮しますので日々の食事にぜひ取り入れたいものです。
ただし生の菊芋は中々手に入らないという方も沢山居ますが、そういった方はお茶に加工されたものやパウダータイプの物、サプリメントなども販売されていますのでおすすめです。

 

菊芋の食べ方・レシピ

菊芋は生のままでもシャキシャキとかじって食べることが出来ます。

 

皮もとても薄いので、気になるコブの部分や土の付いている部分だけを落とすだけで大丈夫です。
ただ、美味しく食べるにはやっぱりピーラーで綺麗に全体を剥いたほうが良いでしょう。
ちなみに、水ですすぎながら金たわしでこするだけでもむけます。

 

菊芋の主な食べ方
サラダや和え物

生のまま皮を剥き、スライスや細切りにしたものをサラダや色々な和え物にしあげます。
シャキシャキとした食感が楽しめる、一番簡単な食べ方です。

 

炒め物や焼き物付け合せに

スライスして炒め物に混ぜたり、
もしくは丸ごとオーブンで焼き、バターなどを付けて食べても美味しいです。

 

煮物や汁もの

ダイコンのように煮物にすることも出来ます。
また味噌汁やスープの具にもなるほか、ポタージュにもしても美味しいです。

 

揚げ物

丸ごとフライにしたり、スライスしたものを天ぷらにしてもOKです。

 

菊芋のイヌリンはダイエットにも有効!

イヌリンは血糖値を下げる働きがありますが、血糖値が下がる理由は腸内環境が改善されることによるものです。

 

イヌリンは水溶性食物繊維であり、腸の中の善玉菌の餌になります。
イヌリンを餌にした善玉菌は活動が活性化され、腸内環境の改善に繋がります。

 

腸内環境が改善されるとインスリンの分泌が促進され、血糖値の上昇を抑えられます。
血糖値が高い人は糖尿病になるリスクが高まりますが、インスリンの働きで血糖値の上昇を抑えられると糖尿病の予防と改善に繋がります。
インスリンは肥満の原因になる血中の糖分を燃焼させる働きがあるため、体脂肪が付きにくくなります。

 

食べ物をたくさん食べても糖分が燃焼されるため、食べても太りにくい体質に変わっていきます。
このメカニズムを応用したダイエットのことを低インスリンダイエットといいます。

 

イヌリンを大量に含有している菊芋はそのままでは食べにくいですが、サプリメントやお茶が販売されていますので、手軽にイヌリンの成分を補給することができます。
食べ物を食べた直後は血糖値が上昇するため、食後に菊芋のサプリメントを摂取したり菊芋のお茶を飲むことが効果的です。

 

菊芋のサプリメントやお茶を利用した低インスリンダイエットは即効性はありませんが、続けて行うことによって、徐々にダイエットの効果を実感できるようになってきます。
太りにくくなるだけでなく、糖尿病などの生活習慣病の予防改善にも役立ちます!